本庶佑(ノーベル賞)の息子や娘・結婚した妻(嫁)は?経歴や学歴を調査!

こんにちは!コウです!

2018年のノーベル医学
生理学賞が発表され京都大学の
特別教授本庶佑さんの受賞が
決まりました!

日本人が受賞するのは2年振りと
なります!

おめでとうございます!!

京都大学高等研究院の特別教授を
務めている本庶佑さんはがんを
治すための治療薬を作ってしまった
凄い人だそうです
(簡単に言うと・・・)

そんな凄い本庶佑さんですが、
どんな方か気になるので本日は
色々と調べて行きます!

本日は

本庶佑(ノーベル賞)の息子や娘
結婚した妻(嫁)は?経歴や学歴を調査!』

について書いて行きます!

スポンサーリンク


本庶佑の学歴やプロフ

  • 名前:本庶 佑(ほんじょう たすく)
  • 生年月日:1942年1月27日
  • 年齢:76歳
  • 出身地:京都府京都市
  • 職業:医師・医学者

本庶佑の学歴は?

京都で生まれだったが、
医師である父親の仕事の関係で
山口県に移る。

出身高校は山口県宇部高等学校を
卒業してます。

当然ですが、偏差値は67でかなり
高いです!

山口県でもトップ3に入る進学校で
学べる環境が整っていて、
卒業生は入学して良かったと思える
高校で人気が高いそうです。

勉強する時はする、
遊ぶ時はとことん遊ぶに切り替えられる
生徒が多いみたいです。

本庶佑さんが通ってる時から
そんな習性があったんでしょうね。

1966年に京都大学医学部医学科を
卒業されてます。

そのまま京都大学医学部附属病院
にてインターンに従事する。

1967年京都大学大学院医学研究科
生理系専攻に進学。

そして大学院在学中に医師国家試験に
合格してます。

1971年京都大学大学院の医学研究科を
修了してます。

本庶佑の経歴は?

大学院修了後には、
京都大学医学部にて副手となる。

また1971年から1973年まで
米国カーネギー研究所発生学部門
客員研究員。

1973年〜1974年まで米国国立衛生研究所
国立小児科保険発達研究所の
客員研究員。

1975年京都大学医学博士号を
取得する。

1974年〜1979年まで
東京大学医学部 助手

1979年〜1984年
大坂大学医学部 教授

1984年〜2005年
京都大学医学部 教授

1989年〜1997年
弘前大学医学部 教授

2005年
京都大学 名誉教授

2005年
京都大学大学院医学研究科
客員研究員

2012年
静岡県公立大学法人理事長

2015年
公益財団法人先端医療振興財団
理事長

本庶 佑さんの特集が掲載されてました。生命誌ジャーナル37号

スポンサーリンク


本庶佑の結婚した妻(嫁)はいる?

本庶佑さんは結婚した妻(嫁)はいるので
しょうか?

本庶佑さんの妻は滋子(しげこ)さん76歳で
本庶佑さんと同じ年です。

授賞式の際も本庶佑さんと手を握り合い
報道陣の前に現れた姿も話題になってますね。

和服姿がお似合いの素敵なご夫婦ですね。

本庶佑さんは典型的な亭主関白で家庭の事は滋子さん
に任せてたそうです。

でも本庶佑さんは性格的にトコトン追求し研究
熱心に取り組むのも、妻の滋子さんの裏でしっかり
サポートされ今があると思います。

 

本庶佑の息子や娘は?

本庶佑さんは息子さんと娘さんが
いらっしゃるそうです。

しかしこの情報もハッキリしたのでは
ないので分かり次第追記します。

本庶佑さんがアメリカで研究員を
してた頃、
家族で移住してたそうなんですが

人種差別などに遭ってしまい、
家族のために日本に帰国した
そうなんです。

やはり一番は家族で、その支えが
あるからこそ、日々研究に取り組めた
のはないでしょうか。

とても優しいそうな印象ですね。

まとめ

本庶佑さんは免疫を高めるPD-1分子を
発見して抗がん剤『オプジーボ』を
開発したそうです。

このオプジーボは従来の抗がん剤とは
異なり、有効性が高く、
なんと言っても副作用が少ないと
言うのです。

これはありがたいですね。

しかしここまで来るのには数十年程
掛かったみたいです。

本庶佑さんはとにかく
研究を重ね続けて決して諦める事は
なかったんですね。

周囲も本庶佑さんはノーベル賞は
受賞して当然と思ってたと言う
話でした。

もう免疫療法でがんを克服する
時代は夢ではなくなったんです。

凄過ぎます!

まだまだ本庶佑さんの情報が少ない
ので、新情報が入り次第追記して
行きますね!

それでは本日はこれまで

本庶佑(ノーベル賞)の息子や娘・
結婚した妻(嫁)は?経歴や学歴を調査!

でした。

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください