西郷輝彦が前立腺がん!ステージ余命の平均や現在の転移病状は?

こんにちは!コウです!

俳優の西郷輝彦さんが以前から
治療中だった、前立腺癌が再発したと
ニュースが入りました。

西郷輝彦さんって私の父親と同じ年
だから、なんか心配ですね・・・

初めて癌を告知された時より
再発の方がかなりショックが大きいと
聞いた事ありますが、

現在のステージや現在の病状など
調査して行きます!

本日は

『西郷輝彦が前立腺がん!ステージ
余命の平均や現在の転移病状は?』

について書いて行きます!

西郷輝彦のプロフィール

  • 名前:西郷輝彦(さいごう てるひこ)
  • 本名:今川盛揮(いまがわ せいき)
  • 生年月日:1947年2月5日(70歳)
  • 出身地:鹿児島
  • 身長:176cm
  • 血液型:A型

6年前に前立腺がんと診断され全
摘出の手術を受けたそうです。

その後の経過は順調で仕事を続けて
きましたが、
最近の検査で再びがんが発覚したそうです。

相当ショックだったと思います。

前立腺ガンとは?

前立腺がんとは?
よく聞きますが、一体どういう
病気なんでしょう??

前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。早期に発見すれば治癒することが可能です。また、多くの場合比較的ゆっくり進行します。

近くのリンパ節や骨に転移することが多いですが、肺、肝臓などに転移することもあります。

前立腺がんの中には、進行がゆっくりで、寿命に影響しないと考えられるがんもあります。がんではない、ほかの原因で死亡した男性を調べた結果、前立腺がんであったことが確認されることがあります。このように、生前にはがんが見つからず、死後の解剖によりはじめて見つかるがんをラテントがんといいます。

同じガンでも、種類が色々あって
病状も色々あるんですね。

西郷輝彦さんの場合はどうなんでしょう?

ガンは転移してるの?

手術や放射線治療をしても小さいがんが
残ってると再発してしまう事はあるそうなんですが、

骨への転移となると、相当痛みが
出るそうで辛い状態が続いてしまうみたいです。

再発の場合腰の痛いなどから始め
整形外科に掛かる事が多く、検査をしたら
ガンが再発してたという事があるみたいです。

西郷輝彦さんも、もしかしたら
骨やリンパ節に転移してるかもしれませんね。

現在のステージは?

西郷輝彦さんの現在のステージが気になりますね。

詳しいステージなど載ってるHPを
発見したのでこちら

再発の場合再度手術は困難らしく
治療法は放射線療法かホルモン治療が
主だそうです。

再発して骨まで転移がみられたら、
ステージはⅣの可能性はありますが、

検査がPSA検査と言うので行ってた場合
まだ病巣がまだごく小さいことが考えられる
みたいなので、治療法は放射線療法を行って
根治を目指す事を多いみたいです。

  • ステージ1・・・生存率92.1%
  • ステージ2・・・生存率93.1%
  • ステージ3・・・生存率85.7%
  • ステージ4・・・生存率51.1%

と言われてます。

西郷輝彦さんは一体ステージはどこ
なんでしょうか?

初期であって欲しいですね・・・

SNSではこんな声が・・

:追記:

後日色々と病状など報道されて
ゴルフの練習をしてる時に背中に激痛が
走ったそうです。

異変を感じ後日検査をしたら、
骨に転移してる事が判明したそうです。

『骨に転移』してると言う事は
ステージⅣですね。

やはり結構ステージが進んで
たんですね。

ショックです。

まとめ

ガンは末期の状態でも奇跡的に
まだ生きてる方が居るし、

初期だからと言っても
亡くなってる方が沢山いるのも現実です。

その中でも前立腺癌は生存率が高い
データーも出てます。

西郷輝彦さんはどんな症状かは
わかりませんが、ゆっくり休養して
治療に専念して貰い

また仕事復帰して欲しいですね。

それでは本日はこれまで

『西郷輝彦が前立腺がん!ステージ
余命の平均や現在の転移病状は?』

でした。

最後までお読み頂き

ありがとうございます!