桜田義孝の答弁でまた失言!辞職・謝罪会見は?もう笑えないレベル!

こんにちは!コウです!

池江璃花子さんが白血病を告白し衝撃的なニュースが報じられましたが、日本水泳連盟の関係者の会見で池江璃花子さんが病気療養に専念すると発表した。

まだ18歳の若さで白血病とは本当にショックだったと思います。周囲も池江璃花子さんの復帰を願うばかりで見守るしかない状態ですが、

またあの政治家の答弁が波紋を呼んでます。今回の失言はもう呆れると言うか怒りの方が強いかもしれません。そんな答弁をした人物はと桜田義孝氏である

桜田義孝氏は記者団に池江璃花子さんの報道について「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている」などと述べてたそうです!

『はぁーーー』って私は思わず言葉にしてしまいました。

本日はこの桜田義孝氏の辞職や謝罪会見があるのか?どんな答弁をするのか調査していきます。

桜田義孝の答弁でまた失言!辞職・謝罪会見は?もう笑えないレベル!』

について書いていきます。

スポンサーリンク


桜田義孝の答弁で失言集

桜田義孝氏は悪気ない発言だと思ってると思いますが、これは酷過ぎる!!まずは第一に池江璃花子さんの身体を心配するのではないでしょうか?

思っても言っては駄目です。自分の発言がどれだけ影響受けるがもう一度考えて欲しいです。

桜田義孝氏はこれまで数々の失言をしてその都度炎上してますね・・・・

『蓮舫』の事を『レンポウ』と呼んだり。

これワザとだと思いましたが本気なんですよね・・・

https://twitter.com/kuu19660622/status/1080442723021160448

まさに『えぇーーーーーー』って感じです。

これ本当に恥ずかしい。何の為の大臣何でしょうか???

どんな基準にサイバーセキュリティの担当になったのでしょうか?あみだくじ?

この報道の時は『次は何を言うか?』と思ってましたがって、今回の池江璃花子さんの事は命に関わる話であって大臣以前に人としてどうなんだろう?と思いました。

桜田義孝の辞職や謝罪会見はある?

またまた大批判を受けた桜田義孝氏ですが、辞職はあるのでしょうか???そして今回の失言で池江璃花子さん本人やご家族の皆様に当然伝わってると思うので、謝罪会見などあるのか?

何を述べるのか気になりますね。

発言したその夕方に衆院予算員会で桜田義孝氏から謝罪の言葉があったそうです。

配慮を欠いた。おわびをして撤回をする。
水泳界をリードする選手であるとの趣旨を述べた。治療を最優先に頑張ってほしい。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

など陳謝した。

これには当然野党が黙ってませんよね。当然辞職を問われると

職務を全力で全うするつもりだ

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

安倍総理は『しっかりと職務を果たして欲しい』とそれだけ・・・・

今回の件で辞職はないそうです。

スポンサーリンク


桜田義孝のプロフ

  • 名前:桜田義孝(さくらだ よしたか)
  • 生年月日:昭和24年12月20日
  • 出身地:千葉県柏市
  • 好きな言葉:努力に勝る天才はなし

出身高校は千葉県立東葛飾高等学校を卒業してます。

昭和49年に明治大学商学部商学科を卒業。その後昭和51年に桜田建設を創立。柏青年会議所理事長、柏市議会議員、千葉県議会員、平成8年10月に衆議院議員総選で初当選をした。その後は4回連続で当選してます。

2009年に一度落選してますが、2013年に復帰し2014年にまた当選してます。

そして平成30年10月2日に国務大臣:東京オリンピック協議大会・東京パラリンピック協議大会に任命された。

まとめ

今回の『がっかり発言』ですが、池江璃花子さんの耳に届いて欲しくないですよね。しかしこれだけの騒動になったら当然知ってしまいます・・・本人やご家族の方々が聞いたら怒りと悲しみが込み上げて来てるのでないでしょうか。

今回の件がキッカケに辞職する方向に行くかと思いましたが、辞職はせず継続されてるとの事でした。しかし!次また騒動を起こしたら辞職はあると思います。

相手の事を思いやる気持ちがあるなら、そんな言葉が出ないと感じました。

これからはもっと考えて発言して欲しいです。

それでは本日はこれまで

『桜田義孝の答弁でまた失言!辞職・謝罪会見は?もう笑えないレベル!』

でした。

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください