スーパーブラッドムーン2019(皆既日食)と大地震や火山の関連性は?

こんばんわ!コウです!

2019年1月21日にスーパームーンになります。アメリカ大陸やヨーロッパの一部では、現地時間の1月20日~21日の夜に、このスーパームーンが真っ赤に染まる皆既月食が起こります。そのため、現地では「スーパーブラッドムーン(Super Blood Moon)」として、デレビやインターネット等のメディアで大きく取り上げられ話題になってます。

今回は残念ながら日本では皆既月食が見る事が出来ないのですが、ちょっと気になる事も話題になってます。一部では大きな地震や火山噴火が来るのでは?と言われてますが、本当にスーパームーンが起こる事によって地震や火山が来るのでしょうか?

地震と聞くといつもビクビクしてしまうコウですが、最近地震が多いので気になって仕方がないです!!!

本日は

スーパーブラッドムーン2019(皆既日食)と大地震や火山の関連性は?』

について書いて行きます。

スーパームーンとは?

そもそも『スーパームーン』って最近よく聞く用語ですが、他にも『ストロベリームーン』や『ブルームーン』などありますが『ただの満月じゃないの?』と思ってましたww

スーパームーンとは一体何か調べてみました。

スーパームーンとは、もともと天文学の用語ではなく占星術の用語で、明確な定義はありません。

この言葉を広めたNASAの研究所の一つであるジェット推進研究所(JPL)のサイトでは、地球と月の距離が近いときに満月になると、平均的な満月よりも大きく、そして明るく見えるため、これをスーパームーンと呼ぶとしています。

NASAのサイトでも、地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はしていませんが、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の満月をスーパームーンとしているようです。

引用元:https://weathernews.jp/

月が地球に最も近づいた時に満月もしくは新月の形になった月の姿をスーパームーンと言うそうです。月が地球から最も遠い位置に比べて、スーパームーンは14%大きく見え、30%明るく見えます。

スーパーブラッドムーン2019年1月21日

https://www.instagram.com/p/Bs2ttPzAL1T/?utm_source=ig_web_options_share_sheet

今回のスーパームーンなんですが2019年1月21日に見れます。そのスーパームーン別名で『スーパーブラッドムーン』と言われてるのです。

スーパーブラッドムーンとは?

特定の条件を満たした場合の皆既月食。

スーパームーンとブルームーンそして皆既月食の時に血のように赤黒く輝く『ブラッドムーン』が3つの現象が重なる時に呼ばれるのが『スーパーブラッドムーン』と言う。

満月+スーパームーン+皆既月食=スーパーブラッドムーン

また2019年1発目の満月って事で『ウルフムーン』が加わり『スーパーブラッド・ウルフムーン』とも言われてます。って何だか凄い事になってますがww

『血のように赤黒く』ってちょっと不気味ですね。

2019年スーパームーンは何回ある?

2019年のスーパームーンは何回あるのでしょうか?

  • 1月21日
  • 2月20日
  • 3月21日
  • 8月1日
  • 8月30日
  • 9月28日

と6回スーパームーンがみれます。

そして2019年1月21日は満月+皆既月食が加わります。

スーパーブラッドムーン2019年は日本から見える?

2019年1月21日のスーパーブラッドムーンは残念ながら日本から見えないそうです(T T)北米と南米で午前0時12分頃に観測出来ると言われてます。

日本では皆既月食が見られませんが、綺麗な満月は南東辺りで見れるのでゆっくり眺めてもいいですね。またスーパームーンの時は『願い事』や『感謝の気持ちを持つ』など開運に繋がる事もあるそうなので、心を静めて自然の光を浴びるのも神秘的ですね。

スーパーブラッドムーンと地震や火山の関連性は?

一番きになるのが、スーパーブラッドムーンと地震や火山の関連性ですが、やはりSNSでも話題になってますね。

https://twitter.com/cafe823/status/1085761723666067457

ここだけ抜粋すると怖くなりますが、何故”地震”や”火山”が関係してるのかと言うと、月の引力がどうやら地震を引き起こすと言う学説があるんです。

あの東京大学の研究チームが過去に実際報告をした事もあるそうなんです。

また『ブラッドムーン』は先ほども言いましたように『血のような赤黒い月』と言われて昔から”不吉”とされる言い伝えが実際旧約聖書には『巨大地震がきた』と記載されるとの事なんです。

2004年のM9.1の大地震が起きたスマトラ沖地震や2011年3月11日の東日本大震災の時もスーパームーンが発生して2週間以内に地震が起きたとも言われてます。

しかし、日本は地震大国で30年以内に大地震が起きる確率が高いと言われてるので、地震はいつどこで起きてもおかしくない状態だと思ってた方が良さそうです。

『備えあれば憂いなし』もう一度防災グッズを点検しよう!

 

大地震や火山噴火が起きるとも言われてる『スーパーブラッドムーン』ですが、最近地震も多いので数週間は注視して行きたいと思いますが、やはりここでもう一度防災グッズを点検した方がいいですね。

意外と非常食や備蓄水などの賞味期限が切れてる恐れがあります。それと万が一災害級の地震が発生したらライフラインはストップをして『買占めはやめよう』と言っても絶対買占めはあると考えられます。

小さいお子さんがいる家庭は紙オムツや粉ミルクなど、品薄になります。

水や、食料は3日〜7日間常備しておくと安心と言われてます。もう一度防災グッズを見直してみましょう!

ディフィンドフューチャー

※↑こちらの商品の発送は4月下旬です。

※↑こちらの商品の発送は3月下旬です。↑

※↑こちらの商品はすぐ発送可能です↑

注意

すぐに発送可能な店舗でもすぐに品薄になる可能性があるので店頭でも見つけたら購入をおすすめします!また地震が起きてからの購入だと金額が高騰するので起きる前に準備がいいです!

まとめ

スーパーブラッドムーンと地震と火山噴火の関連性を調べて行きました。

今回のまとめ
  • 過去にスーパームーンが起きてから2週間以内にスマトラ沖地震・東日本大地震があった。
  • 少なからずスーパーブラッドムーンと地震・火山噴火の関係はありそうです
  • やはりいつ起こってもおかしくない
  • 何も準備してない方が怖いって事
  • ここでもう一度防災グッズの点検
  • 避難場所や、外出の際の安全な場所や、家族との連絡方法など見直す事をおすすめします。
  • しかしスーパームーンは綺麗で神秘的だから見たい!

また新情報が入りましたら追記します!

それでは本日はこれまで

スーパーブラッドムーン2019(皆既日食)と大地震や火山の関連性は?』

でした。

最後までお読み頂きありがとうございます。